英才教育と早期教育の違いは何か

早期教育と英才教育の違い

英才教育と早期教育の違いを観察する

「英才教育とは何ですか。」と問われたとき、その概念を完璧に論じられる人は少ないと考えられます。 多種多様な教育論が渦巻いている中に於いて、その概念自体も変容しています。 このページでは、英才教育とは何かを基礎から解説し、その種類も含めて纏めていきます。

早期教育の概要

早期教育とは、一般的に定められている教育方針よりも、子供に早く学習させる教育方法のことを指します。 しかし、一口に「早期教育」と言っても、その種類は豊富で、多様性があります。 人や時代によって、その手法や概念も変わっていくこともあります。 このページでは、早期教育の概要を纏めています。

メリットと注意点

英才教育と早期教育の違いを観察した上で、それを実践するには、やはり留意すべき点が多々あります。 教育法は、あくまでも理論であるため、個人差も出やすく、人によっては逆効果であることもしばしばです。 それらの特徴をしっかりと把握した上で、メリットと注意点の両方を考察し、実践に移すことが重要です。

英才教育の特徴

近年、各家庭における一人の子供当たりの教育費が高騰しています。
少子化により、一人に割く金額が上昇しているという背景も重なり、一人当たりの教育の質が求められています。
また、近年の就業形態の多様化によって、必ずしも学歴が重要であるとは限らなくなりましたが、依然として、企業の採用に対しての「学歴フィルター」は残っており、幼少期からスクールに通って、学力を伸ばすという動きが活発です。
むしろ、多様な就業体系によって、子供教育の早期化が早まっているとも言えます。
例えば、ピアノを始めとした音楽教育をする、子供にプログラミング教室に通わせる、スポーツをやらせるなどです。
また、現代のグローバル化の急進によって、近年では英語を子供にやらせる親は急増しています。
日本経済新聞によると、大手の塾早稲田アカデミーは、小学校卒業までに高校中級レヴェルの英語力の獲得を謳う塾を開設しています。

それらの時代の流れを観察していくと、子供への「英才教育」または「早期教育」という教育法が活発になっていることがわかります。
子供へより高度な教育、他人とは違った特技の習得を目指すそれらの教育法は、以前から存在してはいたものの、今、再考されている概念です。

「英才教育」と「早期教育」の概念は、人によって捉え方に幅があり、時には殆ど同義で扱われることもあります。
しかし、その二つの意味を考察すると、ある程度違いがあることがわかります。
また、その中でも、それぞれ種類があり複数性があります。
今回は、その二つの相違点を纏め、メリットと注意点を掲載しています。

おすすめリンク

家庭教師を探すなら京都で!

京都で活躍する現役担当者へ聞いた!家庭教師の選び方や相場について徹底分析しています

放課後等デイサービスってどんなサービス?

利用してみたいけれどハードルが高いかも?放課後等デイサービスってどんなサービス?無料で使えるの?

名古屋で幼児教室を探すパパママへお勧め

無限の可能性を持つお子様の才能を伸ばしたいご両親に、名古屋にある各種の幼児教室を紹介します!