英才教育と早期教育の違いは何か

英才教育と早期教育の違いを観察する

英才教育の概要

広辞苑によると、英才教育とは、「すぐれた才能をもつ者に対する特別な教育。」とあり、秀才教育とも言われます。
つまり、特に優秀な才能の所有者を早期に発見し、その才能を最大限に開発することを目指す特別な教育を指します。
近年では、その「才能」を芸術やスポーツにも当てはめて考え、その概念に組み込むということをしていますが、本来の意味では、その「才能」は主にIQ(学術分野)に重心が置かれていて、芸術面などへの教育は「才能教育」と呼ばれます。

英才教育の対象年齢は、主に就学年齢以上とされていますが、就学前の教育を指す場合もあり、早期教育と混同するところでもあります。

英才教育の最大の特徴は、教育側からの一方的な指導ではなく、子供と大人との双方向的なコミュニケーションを軸としており、知識や技術の習得だけではなく、子供の「考える力」を養成するという側面が強いことです。

英才教育の種類

英才教育の種類として、主に二つあります。
一つ目は、「エリート教育」と呼ばれるものです。
世間的に一流といわれる大学・大学院を目標とし、教育していくという手法です。
また、現代の英才教育の概念に則ると、音楽やスポーツの一流選手になるための養成する、学業的な目的以外でも使用されることがあります。
専門的な職業を得る、その道のプロフェッショナルになるなどといった特定の目標・目的を持って、集中的な教育を施します。
結果的に、一般よりも早く進級、過程を進行するという現象が発生しますが、基本的には、目標達成のための教育方針です。

二つ目は、「ギフテッド教育」です。
ギフテッド、つまり先天的に、平均よりも顕著に高度な知的な能力を持っている子供に向けての教育です。
知的好奇心が強いため、往々にして一般的な学級よりも早く進級しますが、親が一方的な理由で幼児教室に通わせるといった類いではありません。


この記事をシェアする