英才教育と早期教育の違いは何か

早期教育の概要

早期教育とは何か

早期教育は、子供本人ではなく、保護者や教育者の意向に基づいて、ある年齢にあった学習内容とされているものよりも進めた内容の教育をする教育法です。
学校で習うカリキュラムを始め、スポーツや芸術の分野でも当てはまります。

早期教育は、脳が柔軟な内に子供の知的好奇心を上昇させ、吸収力を高めることにより、一般の児童よりも卓越した能力を保持できるであろうという理論です。
この教育により、ある種の「予習」というものが可能となり、成績も高い位置でキープできることが見込まれます。

英才教育とは異なり、カリキュラムを先取りするという意味合いが強く、また特定の才能のみを伸ばすということも行なわれます。
一方向的なコミュニケーションであるということも特徴的な事柄の一つです。

早期教育の種類

早期教育の種類として、三つの代表的な教育法があります。

一つ目は、「超早期教育」です。
この教育方法の対象者は、就学前の幼児が中心で、遊びを通しての脳へ刺激をし、就学後の知的好奇心の活性化を促すものです。
小学校の入学前に、文字の読み書き、計算、外国語などの教育をし、知識の土台を構築しようという試みです。

二つ目は、「早期就学」です。
これは、日本ではなく、海外の学校制度でよく見受けられます。
一般的な就学年齢よりも一年早めて入学する、学年を飛び越えて進級する飛び級や飛び進学などが当てはまります。
特に勉学に優れた児童、IQが非常に高い子供などが対象となります。

最後は、「早修」です。
これは、飛び級や飛び進学などとは異なり、学年は同じのまま、より発展的な内容を学校または他の学問機関で履修するという内容です。
学習面で優れているが、身体的、精神的に未熟な児童にとっては、早修の方が適しています。


この記事をシェアする