英才教育と早期教育の違いは何か

メリットと注意点

それぞれのメリット

これまで見てきたとおり、現代における英才教育と早期教育は、違いはあるものの幼少期から思考の土台を作り、高度な教育を施すという内容でした。
英才教育のメリットとしては、子供と大人の双方向的なコミュニケーションです。
親がわざわざスクールに通わせたり、高額な授業料を払うということをしなくても成立するというのも利点の一つです。
また、現代に於いては、学力だけではなく、外国語やスポーツ、芸術面への教育も重視されているため、子供が興味の持った分野で実践することができます。

早期教育のメリットとしては、早い段階で脳へ刺激を与えるため、成長後に発達しにくい右脳の活発化を見ることができます。

二つとも特別な教育ではあるため、利点は把握する必要があります。

注意すべき点について

どの分野にも批判というものは存在しますが、これらの教育論では、特に懐疑的な見方が多く存在します。
まず、親同士の教育競争の過熱が挙げられます。
周りがやっているから、よその子はあんなことを始めたなどと親同士の教育競争の過熱によって、実際にはその子供には適応しない教育方法を押しつけてしまったり、逆に子供の興味を妨げてしまったりと様々な弊害があります。

また、この教育によって、能力のバランスが崩れるという指摘もあります。
一つの分野に特化した教育をしすぎると、能力に偏りが生じ、いくら専門的な知識や技術が発達しても、その他の分野が育たない、または精神的に未熟であるといったアンバランスな状態に陥る可能性があります。

中には、子供の発達段階を無視してしまい、早期教育で獲得したと思われる技術や知識を失ってしまうということも考えられます。

無理はせず、適切な教育環境を作れるように注意点をよく考察していきましょう。


この記事をシェアする